ウェブためになる辞典 portalgratis.info

ウェブためになる辞典
portalgratis.info

トップ

新着情報

Site Info

オオタカについての考察

オオタカはワシタカ科に属する猛禽類の一種で、日本で鷹といえばこの種を指す事が多いです。全長約50~60cm、翼を広げると100~130cmとカラス位のサイズです。主に森に生息していましたが、土地開発などにより里山が減少し、それによって住む場所を追われ数が激減した為、希少野生動植物に指定され、保護の対象となりました。保護活動によりその生息数は回復の傾向を見せています。その為、希少種解除検討もされているようです。解除の検討はされていますが、繁殖の為に豊かな自然を必要とするオオタカを守り続ける事は、日本の豊かな自然を残し守り続ける事にも繋がっています。

温暖化についての意見

やはり、今問題になっている温暖化は、人間である私たちが、解決しなければならない問題だと思います。有機物を燃やすと、たいていの場合二酸化炭素が出ます。このことにより北極の氷が溶け海面が上昇、ある特定の種類の生物のみ大量発生するなどの異常希少や環境問題が発生してます。二酸化炭素が地球温暖化の問題になっているなら減らすべきです。専門の二酸化炭素を削減する企業に資金を支払い解決する方法もあるようですが、二酸化炭素を減らすために投資する方にお金がかかってしまうので、また新たな問題を呼ぶことになりそうです。

クニマス報道に国のロマンを見る

某新聞社のネット配信ニュースでクニマスの人工増殖についての記事があった。山梨県水産技術センターの取り組みを紹介したり、山梨県忍野村の県立富士湧水の里水族館で大型連休中、特別企画展「クニマス成長の軌跡」を開催されたという報道により一気に注目が高まったのだが、実際に成熟して採卵が可能になるまでに1~2年、民間の養殖業者へ量産を依頼出来るようになるまでに5年。クニマスを私たちが食すことが出来るのはまだまだ先の話のようだ。西湖でヒメマス釣りをしていて偶然釣れたら珍味にありつけるようである。こうなるともはやロマンといえるだろう。